Macのパソコンで文字入力の変換が遅すぎて、これをやったら劇的改善!

パソコン

私は普段パソコンはMacを使っています。

もう結構古いのですが、愛着があるので、使い続けていまして、最近ちょっと文字入力した時の変換が遅くて重くなってる気がしていました。

これを改善すればかなり作業スピードは違うよな〜と思い改善策を調べやってみました。

やれる事は色々あるみたいだけど劇的に改善したのはセーフブート!

まず結論から書きますが、セーフブートしてあげれば劇的改善されました。

これは「もっと早くやれば良かった〜!!!」って後悔するほど、凄く改善できたので、同じような事になっている方いれば、ぜひセーフブートしてあげて欲しいです。

Macの文字の変換処理が早くなると思いますよ。

で、セーフブートのやり方も書いておきます。

Macのセーフブートのやり方

① Macを電源オフしてあげてください。

② 電源オンしてスグshiftキーを押したままにしてください。

③ アップルマークと起動の進捗ゲージが見えたらshiftキーを離してください。

④セーフブートという赤い文字が画面の右上に表示されてたら成功。

アフィリエイターにとって文字入力や変換が遅いことは作業効率を下げる要因なので改善した方が良い

変換する速度が通常に戻ったので、遅いままにしておくのは非常に作業効率を下げていたと私は実感しています。

Macは長い期間、電源をつけっぱなしにして使っているとキャッシュが溜まっていくようで、文字の入力時に変換が遅くて結構イライラさせてくれます。

記事作成をする時にものすごく時間をロスしていたと思うので、こんなことで改善できるなら、私も今後気をつけておきたいことの1つになりました。

定期的にセーフブートしてメンテナンスしていくのが良いですね。

Macユーザーで同様の苦労をしている方はすぐに試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする