アダルトアフィリエイトはどうすれば売れる?エロにライティングは不要です!

あなたはアダルトアフィリエイトで売れない、売れないと嘆いていませんか?

根性でやったるで〜!! 量をこなせば稼げるんや!!!

いやいや、確かにそれも稼ぐための方法のひとつですが、そんな非効率な方法は売れてないなら一旦やめてみませんか?

実は、エロコンテンツって難しく考える事は不要です。

アダルトアフィリエイトで重要なことは、ライティングなんて必要ない!頼られる人になれば良いだけ!!

エロコンテンツにライティングは不要!

アダルトアフィリエイトは「性欲」という3大欲求の一つを満たすためのものを売りますが、実はライティングなんてあまり必要ありません。

最近そんな事をめちゃくちゃ感じるようになってきました。

なぜなら、売ろう!売ろう!!としたら人はソッポ向くからです。

売ったらダメなんですよ。セールスしない方が良いんです。

じゃどうすれば良いのか?

そこが重要ですよね。

セールスマンにならずにアドバイザーになりましょう!

売れないよ〜って嘆く人はセールスを一生懸命やっていませんか?

残念ながら売りつけようとすると、人は買わないです。

実は、あなたがアドバイザーになると良いのです。

そうすれば、買ってくれる人が出てきます。

・あなたが実践して運営しているブログに人が集まるためには?
・集まった人たちが買ってくれるためには?

お客様が喜ぶ目線で、あなただけの情報を書いていけば良いです。

自分のブログを分析して、より喜ばれるコンテンツにしていけば良いだけです。

・どんなユーザーがアクセスしていきているのか?
・自分が検索上位にきているキーワードは何なのか?
・どの商品がよく売れるのか?
・どんな切り口で紹介している記事から報酬が発生しているのか?
・自分のブログの成約率はどのぐらいか?
・どのASPの商品が成果が出ているのか?

こういう分析は1週間に1度、いや月に一度で良いので続けると良いです。

毎日はしなくてもいいですから、ある程度記事投稿してデータを集めて、分析する癖をつける事が成果に繋がりますよ。

つまり来てくれる訪問客が喜ぶ情報を揃えていけば良いのです。

アドバイザーになろうとすればジャンル特化がオススメなのも理解できる

セールスマンになるよりも、アドバイザーになろう!とすると、

やっぱり専門家になる訳ですから、ジャンル特化の方が好都合です。

・集まるお客様もそのジャンルが好きな人や興味のある人
・そのジャンルについて詳しいだけで良い
・自分が得意なジャンルなら詳しくなるし、伝えたい事も日々出てくる
・得意なジャンルなら切り口も豊富に用意できる
・好きなら色んな考察が可能

やっぱりアドバイザーになろうと思うと好きじゃないと無理だと思いますね。

実際好きじゃないと続かないし。

開設して即売れるもんじゃない!

じゃ、ジャンル特化ブログを作って即売れるか、と言うともう分かりますよね?

そんな開設して間もない、記事も少なくて充実していないサイトで、信頼される訳ないので売れません。

だから売りつけるよりも、そのジャンルについてこだわって、サイトを充実させていく事にまず目標にして更新していきましょう。

一応アフィリンクが入ったリンクは有っても、まぐれ当たりがたまに出たら良いくらいに思っておいた方が無難です。

まとめ

アフィリエイトは誰も教えてくれないから分からない事も多いですよね。

売ろうとしてずっと失敗している人は、売らずにアドバイザーになって頼られる人になっていけば、自ずと売れるという事です。

特にアダルトアフィリエイトは、ムラムラした性欲で欲しているコンテンツが売れて、成果報酬に繋がるので、売りつけようと思わず頼られる人になってください。

それをしようと思うと、好きなジャンルでジャンル特化型ブログがもっとも更新が続けやすいです。

集まるお客様に喜んでもらおうと思ったら、分析や探求は不可欠だし、

実は近道するよりも、じっくり好きなジャンルと向き合うのが最も成果に近い!という感じです。

という事で、つまり『点穴』は今も使えるノウハウだと言えるお話でした。

点穴を熟読すれば、さらに具体的にどうすれば良いのか?という事がより理解できます。

あ、でも私は点穴を売りつける気まったく無いですから。

あなたがそれでメキメキと成果を出せるようになると、マジでライバルになるので、買う必要ありませんって言っておきます。

因みにもっとこういうお話を理解したい人は本を読む事をオススメだけしておきます。

高額なアフィリエイトノウハウよりも安い価格で、実は有益な本がた〜くさんありますので、ノウハウばかり追うよりも、目線を変えて本屋やアマゾンで読書して勉強するのもとても役立ちます。

個人的にはそっちの方がおすすめですね。

タイトルとURLをコピーしました